MONEY

今までありがとうSPG AMEX、よろしくねセゾンプラチナ

ShoheyBlog MONEY article Japan

この記事を読むのに必要な時間は約 14 分です。

 

2022年2月、日本でSPG AMEX(スターウッド・プリファードゲスト・アメリカン・エキスプレス・カード)が変更するニュースが旅行・ホテル好き界隈で話題となりました。

 

参照:AMERICAN EXPRESS

 

SPG AMEXの名前は消えて、マリオットボンヴォイアメックスカード(Marriott Bonvoy Amex Card)となります。年会費もサービス内容も変わるのでSPG AMEXホルダーはこれを機に解約する人が多いだろうと予想されています。

 

Shohey
Shohey
僕もその1人

 

「今までありがとうSPG AMEX、君とは本気だった、でも将来に対する考え方が合わないようだ」といったところでしょうか笑 では、海外旅行やホテル宿泊に強かったSPG AMEXを解約して今後はどうするのか。今回はそんな記事です。

 

この記事でわかること

  • SPG AMEXの代わりのカード
  • クレジットカードへ求めるもの

 

プロフィール

 

備考

本記事は2022年2月現在の情報をもとにしています。サービスや年会費の最新情報は、クレジットカード会社のHPをご確認ください。

 

要点:新しいクレジットカードの候補

SPG AMEXとはお別れをして「セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード」を新しい旅のパートナーにするつもりです。

 

 

Twitterでも言った通り、SPG AMEXは年会費34,100円(税込)で34,100円以上のマリオット系ホテルの宿泊ができるからお得でした。だからこそ人気でした。しかし、マリオットボンヴォイ・アメリカン・エキスプレス・カード(Marriott Bonvoy American Express Card)で同等以上のサービスを受けるには年会費49,500円に上がります。

 

Shohey
Shohey
ぼくら一般庶民には高いよね

 

高収入の人向けクレカになった感じです。恋人もクレジットカードもお金がかかりすぎるのは大変です。というわけで、僕はSPG AMEXとお別れをして「セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード」とお付き合いをしたいと思います。

 

 

理由:欲しいのは海外旅行の充実

 

僕が欲しいのは海外に数ヶ月滞在するときの安心感です。この安心感を手頃な値段で手に入れたいわけです。残念ながら、マリオットボンヴォイ・アメリカン・エキスプレス・カード(Marriott Bonvoy American Express Card)では値段が高すぎるんです。

 

マリオットボンヴォイは自分にお金があるときに遊んでくれる子ってところですね。金があるうちはすごく気持ちいけど、金が無くなれば冷める関係のような…苦笑

 

今の僕は地に足ついて心でも繋がれる新しいパートナーと結ばれたいわけです(←急に遊びを卒業したやつみたいなね)。「セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード」がそのパートナーだと思います。欲しいのは高額なホテル宿泊よりも海外旅行全体の充実なんです。

 

 

具体例:AMEXに求めるサービス3つ

では、僕が新しいパートナー(クレジットカード)に求めるサービスを考えます。あくまでも、これは僕の考えです。この記事を読んでいる読者のあなたも自分自身が欲しいと感じるサービスを想像してくださいね。

 

よくよく考えてみたら僕はすごく良いホテル宿泊をしたいわけではなかったんですよね。日本の閉塞感から抜けたいので1年に数ヶ月くらいは海外で生活したいんです。ブログでは海外1ヶ月滞在を目標として発信活動をしています。

 

じゃあホテル宿泊にどんなサービスが欲しいのか?上位3つを挙げました、こちらです。

 

  1. 海外旅行傷害保険
  2. プライオリティパス
  3. 手荷物無料宅配サービス

 

一つずつ解説します。

 

海外旅行傷害保険

国内はもちろんですが海外でも事故や病気などには備えたいものです。「私は海外現地の病院に通い慣れているぜ!」なんて日本在住者はそんなにいないはずですしね。海外で治療行為を受けたりすると高額な請求になる可能性が高いのはみなさんご存知でしょう。

 

Shohey
Shohey
盲腸の手術で数百万円が〜、とか

 

ここでAMEXの海外旅行傷害保険の内容を見てみましょう。

 

参照:セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス®・カード

 

特に注目するのは「死亡・後遺障害」「治療費用」「疾病治療費用」の3点です。海外旅行中に死んでしまった場合や現地の病院で治療を受けた場合にいくらクレジットカードに付帯する保険で賄われるのかです。例えば「治療費用」なら300万円がこのクレジットカードから支払ってもらえます。

 

なお、クレジットカード海外旅行傷害保険の「治療費用」は他のクレジットカードと合算することができます。僕がこのブログでもずっとおすすめしているエポスゴールドカードの海外旅行保険と合わせると「治療費用」は600万円です。

 

カード種類 傷害治療費用
セゾンプラチナ 300万円
エポスゴールド 300万円
合計 600万円

参照:エポスカード

※「セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード」は日本出国前にカードで航空券などの支払いをしていること(利用付帯)で保険適用です。

 

なおクレジットカード付帯の保険ではなく、個別で海外旅行時に保険に申し込むこともできます。仮に、アジア圏へ大人1人が30日旅行するための保険を検索すると費用は1万円前後が相場のようです(2022年2月現在)。

 

参照:価格.com

 

他の調査結果などを調べると海外で治療行為を受けることが多いのは高齢者のようです。年齢が20代や30代といった比較的若い層は過度な心配は不要かもしれません。もちろん保険に加入しておけば安心材料にはなるので考え方次第ですね。

 

とりあえずクレジットカードの保険が付帯していれば無防備ではなくなります。これで海外旅行の安心感が増えますね。コロナみたいなものが流行るとなおさらそう感じます。

 

プライオリティパス

海外旅行好きなら持ってる率も高いプライオリティパスが「セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード」にはついてきます。正確に言うと、「プライオリティ・パス(通常年会費429米ドル/プレステージ会員)」を無料で登録することができます。

 

参照:PRIORITY PASS

 

プライオリティパスを持っていると、空港でちょっと贅沢なラウンジを利用することができちゃいます。通常はお金がかかるそのラウンジを無料で使えちゃうよ、というのがプライオリティパスの最上級プレステージ会員です。

 

  • スタンダード
  • スタンダード・プラス
  • プレステージ

 

プライオリティパス単体でプレステージ会員になるにはUS$429の年会費が必要です。115円換算すると約4.9万円です。高すぎる…。

 

僕も過去に何度かこのラウンジを使いましたが、良いですよ。飲み食いできる、WiFi使える、シャワーも浴びられる。至れり尽くせりです。空港では待ち時間が長いです。暇です。搭乗ゲート前で座って待つだけは飽きます。

 

海外旅行は現地でも空港でも楽しむことで充実します。

 

プライオリティパスのラウンジではそれなりに人が少ないので落ち着いて飲食できて僕は好きです笑

 

なお、楽天プレミアムカード(年会費 税込11,000円)でもプライオリティパスのプレステージ会員の登録ができちゃいます。しかし海外旅行傷害保険の「障害死亡・後遺障害」が最大5,000万円と少し少なめです。詳しくは海外旅行傷害保険ガイドをご参照ください。

 

手荷物無料宅配サービス

3つ目に、地味に嬉しいのが荷物の宅配です。旅行では大きい荷物を持って駅を移動すのがま〜〜〜〜大変です。東京の混んでる電車の駅ででかいスーツケースを持っていると周りからの視線が痛いですもん…苦笑

 

その悩みもAMEXなら解決してくれます。

 

セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス®・カード

  • 往路(自宅⇒空港)カード会員様おひとりにつきスーツケース1個まで無料
    2個目以降1個につき100円割引。
  • 復路(空港⇒自宅)カード会員様おひとりにつきスーツケース1個まで無料、2個目以降1個につき300円割引。

参照:セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス®・カード

 

僕は成田空港でこのサービスを過去に使いました。めっちゃ楽ですw 成田空港って国際線の便が多い割には東京中心部からクソ遠くて好きじゃないんですよ。スーツケース1個持たないだけで移動があんなに楽になるなら宅配サービスを使い倒します!

 

ヤマト運輸で空港宅急便サービスを利用すると(関東から成田空港への配送で)片道2,000円から3,000円くらいです。

 

ちなみに、この手荷物宅配サービスは楽天プレミアムカードにはないんです。プライオリティパス目的で楽天を選ぶ人が多いですが、それ以外のサービスも要チェックですよ。

 

カードの比較

海外旅行を楽しむために僕がクレジットカードに求めるのは下記の3つです。

 

  1. 海外旅行傷害保険
  2. プライオリティパス
  3. 手荷物無料宅配サービス

 

では、セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードを含めた海外旅行向きのクレジットカードが上記3つを満たしているか比較してみましょう。表にしてみました。1が保険、2がプライオリティパス、3が宅配サービスの意味です。

 

1 2 3
エポスゴールドカード
楽天プレミアムカード
セゾンプラチナアメックス

 

これらは全て年会費が3万円以下です(2022年2月現在)。組み合わせとして1番良いのは、エポスゴールドカードとセゾンプラチナアメックスですね。僕が欲しい3つのサービスを全て満たすのはセゾンプラチナアメックスだけです。しかしそれだけでは海外旅行傷害保険の金額がややもの足らないです。エポスゴールドカードと一緒に持つことで保険金額を補うことができます。

 

 

今後の海外旅行の装備

SPG AMEXちゃんはこれからは名前を変えてマリオットボンヴォイ・アメリカン・エキスプレス・カード(Marriott Bonvoy American Express Card)ちゃんになります。主にお金持ちを気持ちよくすることに集中するようですので、僕のような一般人向きではありません。一般庶民の僕のこれからの装備は下記の二つです。

 

  • エポスゴールドカード
  • セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード

 

これらのカードで海外旅行時の保険に備えたり空港での時間を充実させることができます。AMEXよりも先にエポスカードを挙げているのは年会費無料なのに海外旅行で超役立つからです。

 

エポスカードで年間50万円の支払いをするとエポスゴールドカードに招待されるはずです。レベルアップできるんです。やはりエポスは僕の第一パートナーです。まだお持ちでない方は今のうちにリンク先から発行をどうぞ。

 



エポスカードを発行してからエポスゴールドカードの招待が来るまでの支払い実績の記事もあります。こちらもどうぞ。

ShoheyBlog MONEY article Japan
多拠点生活に必携、海外旅行保険ならエポスゴールドカード 2019年のヨーロッパ旅でもお世話になったエポスカード。 https://shoheyblog.com/travel-ep...

 

 

FAQ

質問者
質問者
なんでクレジットカードで備えるの?
Shohey
Shohey
欲しいサービスが集約されているから

 

保険であれプライオリティパスであれ荷物の宅配であれ、旅行ではお金を払って利用するサービスの種類が多いんです。いちいち自分で申し込むよりはクレジットカード会社でサービスをまとめてくれた方が利用者としては手間が省けてありがたいんです。

 

質問者
質問者
セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードのほうにはしないの?
Shohey
Shohey
しない、年間で200万円以上AMEXカードで支払いしないだろうから

 

セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードには自営業者向けのビジネスカードもあります。年会費22,000円ですが年間200万円以上利用すると年会費が半額になります。僕はそこまで出費しないだろうから通常カードの方で十分です。

 

 

まとめ:セゾンプラチナAMEXが第2パートナー

SPG AMEXは僕よりもお金を持っている男の方が好きみたいなので、近いうちに円満離婚します。僕は新しいパートナーとしてセゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードと一緒になります。その理由は、

 

  • 海外旅行傷害保険
  • プライオリティパス
  • 手荷物無料宅配サービス

 

これら3つが僕の価値観と合っているからです。豪華なホテル宿泊よりも海外旅行そのものの充実感をリーズナブルな年会費で高めてくれるカードならパートナーとして安心できそうです。

 

今後は第1パートナーとしてエポスゴールドカード、第2パートナーとしてセゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードと一緒に人生を歩みます。これで僕のパートナーは2人です。

 

 

ABOUT ME
Shohey
外国語ばかり勉強してきた30代の東京人。日本を拠点に海外でも暮らせる生活作りを発信します。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。