MONEY

海外旅行での現金盗難はクレジットカードの保険の対象になるのか-SPG AMEX-

ShoheyBlog-MONEY-article-EU

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

 

こんにちは、しょうへいです。

さて、ヨーロッパの空港で現金を盗まれてしまい、ドイツ警察で盗難証明書を発行してもらいました。それぞれの詳細は下記の記事をご覧ください。

ShoheyBlog-travel-article Lithuania
海外旅行中に遭った現金盗難 -ヨーロッパの空港- こんにちは、しょうへいです。 年末が近づくと、会社での年末調整や確定申告関連の広告が目立ってきますね。 今回はタイト...
ShoheyBlog-travel-article Germany
海外旅行で現金盗難の証明書を発行する-ドイツ警察での実体験- こんにちは、しょうへいです。 前回、僕がヨーロッパ旅行中に現金を盗まれた実体験を紹介しました。 https://sh...

 

本記事の内容

  • 僕の現金盗難事件は保険適用になるのかどうか

 

想定読者

  • 国内・国外で現金の盗難に遭った方
  • 現金盗難は保険適用になるのか気になる方

 

筆者

ShoheyBlog profile insert

適用できるか確かめる保険は、僕が所有しているクレジットカード(SPG AMEX)に付帯する保険です。

 

結論

現金の盗難は保険適用の対象外です。

つまり、20万円相当の現金は盗まれた。以上。

 

という結果です。

以下にどのような前提条件で「保険適用外」の判断になったかをまとめていきます。クレジットカード会社であるAmerican Expressへ電話でも確認した結果です。

 

盗難概要

  • 日時:2019年10月26日(土)
  • 場所:海外(ヨーロッパ)
  • 被害:現金20万円相当

 

申請する保険

  • スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カード(通称:SPG AMEX)に付帯する保険

 

被保険者

  • クレジットカード所有者本人

 

その他

  • 海外旅行のために申請した保険はなし。

 

保険適用外の理由

  • 被保険者がクレジットカード会員本人である
  • SPG AMEXは海外旅行では保険が自動付帯である
  • 盗難発生日は日本を出国して90日以内である
  • 盗まれものが現金である

 

そうなんです、盗まれたものが現金なので保険適用対象外となります。

American Expressのサイトで旅行傷害保険補償規定のPDFを確認することができます。

PDFの22ページ目の左「保険金の種類」の列にある「海外旅行」の「携行品損害保険金」の行に僕の現金盗難が保険適用外である理由が書かれています。

携行品損害保険金(免責金額3千円/1旅行中最高50万円/年間限度額100万円)

海外旅行中に被保険者が所有し携行する身の回り品(カメラ、宝石、衣類など)が盗難、破損、火災などの偶然な事故により損害を受けた場合。(注)現金、小切手、クレジットカード、コンタクト・レンズ、各種書類稿本、設計書、図案、帳簿その他これに準ずる物などは対象となりません。

参照:American Express

オペレーターさん
オペレーターさん
恐れ入りますが、現金は海外旅行保険対象外です。

 

…残念でした。

 

 

まとめ

現金の盗難はSPG AMEX(starwood preferred guest)に付帯する海外旅行保険ではカバーできません。

 

お金は肌身離すな。

大きいお金を持ち歩くな。

 

続き

盗まれたお金は戻ってこない。海外旅行保険の対象とならない。

では最後の救済の望みとして、雑損控除について書きます。

雑損控除は確定申告の時に申告できる控除です。現金盗難に遭った方はこの雑損控除が適用できる場合があるので読み進めてくださいね。

ShoheyBlog MONEY article Japan
海外旅行での現金盗難は雑損控除の対象になるのか-税務署での確認- しょうへいです、こんにちは。 僕のこの現金盗難シリーズも後半戦に入りました。前半戦のハイライトを箇条書きでまとめる...

 

ABOUT ME
Shohey
外国語ばかり勉強してきた30代の東京人。日本を拠点に海外でも暮らせる生活作りを発信します。