BUSINESS

英語・会計・IT/Web、万国共通のgeneralistになった後

ShoheyBlog BUSINESS article Japan

この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。

 

英語・会計・IT/Webは現代ビジネスパーソンには必須スキルとよく耳にしますね。3種の神器と言うと大げさかもしれませんが、身につけておいて損はしないのはわかります。

 

しかし、すでにインターネット上でも見かけるようにこれら3つのスキルを身につけたところで・・・、といった実情もあります。この記事は、3種の神器を身につけようとするビジネスパーソンへ向けて僕の実体験をもとに書いていきます。

 

本記事の内容

  • 英語・会計・IT/Webで万国共通のgeneralistにはなれる
  • 海外渡航がしやすい人生作りの土台ができて何だかんだでお得

 

筆者情報

ShoheyBlog-private-profile-insert

大学で英語の通訳を専攻。30歳になりFP3級や日商簿記3級、Adobe illustrator、Photoshopを学んでいる。まさに英語・会計・IT/Webですね。FP3級の受験記はこちらをどうぞ。

 

ShoheyBlog MONEY article Japan
【受験記】30代こそ実感、FP3級は精神安定剤になる2020年9月13日(日)、FP3級を受けてきましたよ。正式名は「ファイナンシャル・プランニング技能検定」と呼ばれ、いわゆる、生活の中の...

 

要点

英語・会計・IT/Webの基礎ができても、自分の価値観やどんな仕事に使うか想定が無いと迷子になりやすい

 

万国共通のgeneralistにはなれる

現代generalistの落とし穴

英語・会計・IT/Webは必要スキルである、は耳にタコができるくらい聞いてきましたよね。「今更感もある」なんて声も聞こえてきそうです。この記事を書いている2020年9月現在の僕は、FP3級を受験し終わり日商簿記3級やadobe illustratorなどを勉強しているところです。

 

しょうへい
しょうへい
コロナでインバウンドの仕事がなくなっちゃったからね・・・

 

ビジネス誌やネット上のインフルエンサーもこれらのスキルは身につけた方がいいとよく言われていて勉強する人も多いようです。Twitterでも「FP3級、今日は2時間勉強しました!」といったツイートもよく見かけるくらいです。

 

ところがこれら3種の神器を身につけても、周囲が想像するような大きな生活改善等はないのが殆どでしょう。なぜなら、スキル云々の前に勉強する理由・目的が抜けているからです。働く人の勉強あるあるをご紹介します。

 

勉強あるある

会社員
会社員
英語と簿記を勉強しているんだあ
会社員
会社員
すごいねえ
会社員
会社員
よくおすすめされるし資格も取れるしね

 

はい、これね、迷いやすいタイプだと思います。僕もついつい陥りやすくなるこの手の勉強の始まりと末路は下記のような感じでしょう。

 

英語と簿記を勉強している

  • 理由:おすすめされているから
  • 結果:試験合格、資格取得
  • 変化:特になし

 

こうなることありませんかね?笑

 

上述したように、何のために勉強するのか理由・目的が本人の中にないんですね。インフルエンサーさんのファンになって毎日のように発信を漏れなくチェックして、紹介されたスキルを勉強し試験に合格して仕事や生活に特に変化なし・・・、とか。

 

勉強や資格を否定しているわけではありません。ただ「勉強すると自分にどんな効果があるかなあ」と一度考えておかないと何のための勉強?と迷子になってしまうので要注意です

 

日本でも海外でも暮らせる人になるなら

現代generalistスキルの活用

しょうへいの友達
しょうへいの友達
もっと海外に行きたい
しょうへいの友達
しょうへいの友達
もっと自由に時間を使いたい

 

僕自身を含め「心、日本にあらず」な人は多いそれなりにいます。そんな僕らにこそ3種の神器の英語・会計・IT/Webは必要なスキルだなあとここ最近改めて感じています。

 

日本の会社で働けばすぐにわかりますが、会社勤めをしながら「今よりも時間を」「今よりも自分で判断できる自由を」なんてほぼほぼ無理ですよね?このShohey Blogでも優先したい「自由な時間の使い方」と「自分に裁量権」は勤務先では期待できないでしょう。

 

既存の会社では叶わないなら、自分で自分が納得していける生き方・働き方を作るしかないです。つまり自営業者になることです。

 

  • 日本にも海外にも居られる生活をしたい
  • 自分で時間をコントロールできる生活をしたい

 

「そりゃ憧れるけどそんなの無理だろう」と諦めているのが今ですよね?ちょっと想像してみてください。そんな風に絶望気味な人が3種の神器を勉強したら人生の迷子にはなりにくくなると思いませんか?

 

英語と簿記を勉強している

  • 理由:海外に行きたい、自由な時間が欲しい
  • 結果:自営業を始めてみた
  • 変化:自分で休みを決められるようになった、嬉しい

 

月収2万円のミニ・フリーランスだろうと自営業者ですよ。どんな自営業者であれ帳簿に売上や経費を記帳するんです。海外に行きたいミニ・フリーランスならすぐに3種の神器の出番ですよ。

 

  • 英語:海外で使う
  • 会計:帳簿に記帳する
  • IT/Web:PCでクラウド会計ソフトを使う

 

ほらね?

 

しょうへいからのメッセージ

『半沢直樹』を見ていますか?僕が唯一見ている名セリフが連発するドラマです。鬱憤が溜まった現代人には気持ちのいいドラマですよ。そんな中から、日本で暮らすあなたに届けたいセリフをご紹介します。片岡愛之助さんが演じる黒崎のセリフです。

 

「どいつこもこいつも縮こまってるんじゃないわよー!」

 

僕なりに変換してこの言葉を贈りたいと思います。

 

「どいつこもこいつも日本だけで縮こまってるんじゃねーよ!」

 

あのね、1度でいいから、数週間ぐらい日本を出た方がいいですよ。まじで。日本で働くのって異常なストレス環境にいることですよ。メンタルを壊せば本人の責任にされますけど、実際は環境のせいですよ。解決策は離れることです。

 

まとめ

英語・会計・IT/Webは現代の3種の神器と言われて久しいですが、理由・目的なく勉強をするのはもったいないです。海外を自分の人生に取り込みたいのであれば、3種の神器を使う自営業者になることを選択肢に入れておいてくださいね。

 

ABOUT ME
Shohey
外国語ばかり勉強してきた30代の東京人。日本を拠点に海外でも暮らせる生活作りを発信します。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。