language

『学校英語教育は何のため?』を読んで思うこと

ShoheyBlog PLAYGROUNDS article Japan

この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。

 

小学校3年生以上のお子さんを持つ親御さんにとって気になる英語教育。2020年度から小学校3年生に外国語活動が導入され「グローバル化に対応」する為の教育が始まりました。

 

この早期英語教育は英語のプロの方々からは強い反対の声が上がっていました。江利川春雄・斎藤兆史・鳥飼玖美子・大津由紀雄 著『学校英語教育は何のため?』(2014年、ひつじ書房)もその声がわかりやすくまとめられています。内容は是非とも手にとって直接お確かめください、特に親御さんにこそ読んでほしい本です。

 

しょうへい
しょうへい
後半にある内田樹さんと鳥飼玖美子さんの対談は必見ですよ、変更の裏の本音を知れます

 

本記事の内容

  • 『学校英語教育は何のため?』(2014年、ひつじ書房)を読んで、この日本の新しい英語教育に対して非ネイティブである僕が思ったこと

 

 

本記事の筆者

中学校1年生から英語の授業を受け大学3年生で初めての海外渡航。仕事でずっと英語を使ってきています。日本で暮らす非ネイティブ一般人の目線で書いていきます。

 

早期英語教育に対して思うこと

 

子供達に対して

  • まずは学生が楽しそうに授業をやれるならOK(だろうと思いたい)
  • 海外に出て英語を使ってみてね、でも、大して知識もないのに日本を見下すだけになる帰国者あるあるの状態には気をつけてね

 

先生たちに対して

  • 新しい試みなので授業をやっていくのが大変だろうと思います。賛否両論がある早期英語教育ですが、一番大事にしてほしいのは先生ご自身の体調です。

 

学校教育に対して

  • 授業数を詰め込みすぎでは?ゆとり教育の反動?
  • 英語よりも、「失敗をするとダメなやつ扱い」のあの雰囲気をぶっ壊すことが先では?
  • 入学試験が存在するうちは、英語は受験のための教科の1つとして結局は扱われるのでは?
  • 個人的には海外留学推進は良いと思うけど、公的機関が日本国内の教育環境を充実させないのって諦めモード?

 

親御さんたちに対して

  • 「グローバル人材」って抽象的ですよね、「英会話ができる人」っていう意味ですか?
  • 学校の教育方針は時の政治によって変わるので、政治と教育の変化に関心を持っていきましょうね。「グローバル化に対応」が本当の理由?利権?誰が得する?

 

僕を含め英語ユーザーに対して

  • 専門知識があるプロよりも、インフルエンサーのような知名度が高い人の影響力が大きくなりましたね
  • 英語教育が早まっても学び続けるか使い続けないと英語力は落ちるから、継続できるかはその個人の環境と英語の必要性ですよね
  • なんだかんだ言っても、新しく幅広い情報を知るには英語を使わなきゃいけない現状がすでにあるから、英語が必要なことには変わらないですね
  • この早期英語教育によって10年後や20年後の日本で若くて流暢な英語話者が増えていくなら、年齢を重ねていく僕らが必要になるのはより中身・内容のある考えですよね

 

英語教育と現状の世論に対して

  • 英語のメリット・デメリットを知るのも大事だけど、英語という言語による現代の植民地政策で有利になるのは結局は英語圏の国々ですよね
  • 「外資系で高収入」な広告も多いし、「英語は将来の仕事(収入)に役立つ」のイメージが先行しますよね、みんな収入増やしたいですもんね?
  • 日本語を母語として持つと思考も母語に基づいて行われるので、英語が大事だと言っても、日本語と考える力の二つを疎かにしては意味ないからね
  • 小学校3年生からの外国語活動の成果は10年後や20年後の状況でわかるでしょう。尚、僕が受けてきたゆとり教育は今は失敗策と言われています。そんなもんだ
  • 英語を早く身につけると人生全て解決♪のようなノリはちょいと違うかなあ。大人になったら「何をする為の英語(外国語)?」を自分の中で構築する必要があるので
  • 時と場合によって、自分が英語ができる方がいい場合もあれば、翻訳機やAI翻訳で事足りる場合もある。僕は身につける方が断然良いと思っている派ですけどね、だってそれなりに英語を使っている人間だから 笑

 

 

ABOUT ME
Shohey
外国語ばかり勉強してきた30代の東京人。日本を拠点に海外でも暮らせる生活作りを発信します。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。