DONATION

トンガ大洋州噴火津波救援金、日本赤十字社へ2,000円の寄附完了

ShoheyBlog DONATION article Tonga

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

 

2022年1月31日(月)、トンガへの救援金寄附2,000円を日本赤十字社を通じて行いました。

 

On January 31st, 2022, I made a 2,000JPY donation to Tonga through Japanese Red Cross Society. Pray for Tonga.

※Exchange rate 1USD = 115JPY: 2,000JPY ≒ 17USD

 

Shoheyblog tonga donation

 

 2022年1月15日、南大洋州の島国トンガの首都ヌクアロファの北約65kmに位置する海底火山「フンガトンガ・フンガハアパイ火山」で大規模な噴火が発生し、津波による住宅の倒壊、津波・降灰による飲料水の汚染など、被災者は全人口10万人のうち8万5,000人に上ると見られています。

 噴火直後から、現地のトンガ赤十字社は住民に避難を呼びかけ、発災後は災害に備えて備蓄していた1200世帯分の救援物資をもとに被災者の救援活動を開始しました。日本赤十字社は、国際赤十字・赤新月社連盟(以下「連盟」)や近隣支援国であるオーストラリア赤十字社・ニュージーランド赤十字社と連携を取りつつ支援の準備を進めてきました。

この事態に、連盟は1月23日、被災者の救援活動を支援するため250万スイスフラン(約3億1000万円)の緊急救援アピールを発表しました。このたび、日本赤十字社は、緊急支援として同アピールに対して2000万円の資金援助を決定しました。この援助計画には、被災者1万7000人に対し、保健衛生、安全な水の確保、こころのケア、家屋の修繕やテントの供給、生活支援金支給などが含まれています。現地では今もなお、トンガ赤十字社のスタッフ・ボランティアによる支援活動が続いています。(後略)

参照:日本赤十字社【速報2】トンガ噴火津波災害 日赤から2000万円の資金援助、海外救援金の募集開始

 

2022年 Shohey 6つのフラグ

フラグ 目的
第1 国籍 日本 🇯🇵
第2 ビジネス 日本 🇯🇵
第3 居宅 日本 🇯🇵
第4 資産運用 日本 🇯🇵
第5 余暇 日本 🇯🇵
第6 寄付 トンガ 🇹🇴

*木村昭二さんの著書『終身旅行者PT 資産運用、ビジネス、居住国分散 ―― 国家の歩き方 徹底ガイド』を参考に作成

 

Shohey
Shohey
My donation is not large, but I hope that will help Tonga.

 

ABOUT ME
Shohey
外国語ばかり勉強してきた30代の東京人。日本を拠点に海外でも暮らせる生活作りを発信します。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。