MONEY

2021年からの確定申告に備えて -65万円の青色申告特別控除-

ShoheyBlog MONEY article Japan

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

 

こんにちは、しょうへいです。

2020年2月、2019年分の確定申告書を提出したのも束の間。個人事業主にとっては2021年からの確定申告に備えて準備が必要です。何の準備か?

 

65万円の青色申告特別控除を受けるための準備です。

 

これまで通り、紙で申告すると控除額が55万円になってしまいます。たかが10万円、されど10万円です。

しょうへい
しょうへい
個人事業主の方は2020年末までには準備しましょう(自戒も込めて・・・)

詳細は国税庁のe-Taxのサイトをご確認ください。

 

2021年に備えて -しょうへいの現状-

参照:https://www.nta.go.jp/publication/pamph/shotoku/0019009-126.pdf

Q:e-Taxで申告していますか?

しょうへい
しょうへい
No

 

Q:会計ソフトを用いて記帳していますか?

しょうへい
しょうへい
Yes

 

Q:会計ソフトは電子帳簿保存に対応していますか?

しょうへい
しょうへい
No(2020年2月現在のマネーフォワード

 

Q:(電子帳簿保存法の承認申請書を税務署に提出していますか?)

しょうへい
しょうへい
No

 

僕の場合は、65万円控除を受けるためには①の対応が必要なようです。

 

① e-Tax を利用して申告書及び青色申告決算書を提出する。

僕は、e-Taxで申告をすることで65万円控除を受けることができそうです。e-TaxではOSがWindowsのパソコンしか使えないと思っていましたが、iOSのパソコンも使用できる環境であると分かりました!これは嬉しいニュース!Macユーザーの方リンク先からe-Taxに対応する環境を随時ご確認ください。

しょうへい
しょうへい
新しいパソコン買わずに済みそうで良かった

 

さ、e-Taxの準備しよ〜。

 

ABOUT ME
Shohey
外国語ばかり勉強してきた30代の東京人。日本を拠点に海外でも暮らせる生活作りを発信します。